青汁のケールとは

ケールとはアブラナ科の野菜の事で、緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)、羽衣甘藍(ハゴロモカンラン)ハゴロモカンランとも言われる、2015年現在、注目されている健康にとても良い植物です。
最近では、愛媛県や、鹿児島県、長野県などの日本の農家の方によって生産もされていますが、元々の生産地は地中海沿岸になります。
ケール自体はキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科に属していて、キャベツの原種のヤセイカンランという植物に似ていますが、キャベツよりも栄養価が高く、特にビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも一番多いので健康志向の方に多く愛用されていて、日本では青汁の材料として愛用されています。
ケールは複数の品種がありますが、その中でも搾汁量の多いジューシーグリーンと、一株当たりの葉数が多いスウィートグリーンが青汁に使用されています。

ケールに含まれる栄養素は、同じアブラナ科のキャベツやブロッコリーなどと比べ物にならない程多くの栄養素があり、その栄養素の豊富さからスーパー野菜などとも言われていて、様々な健康の特集ページ取り上げられることも多くあります。
ケールには、食物繊維、ビタミン、葉酸、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど含まれている栄養素の種類も豊富で、その一つ一つの栄養素が含まれている量がキャベツやその他のフルーツなどと比べて数倍にもなっています。
しかし健康にとってもよいはずのケールですが、スーパーなどではあまり見かけないので馴染みがない野菜でもあります。
そこでこのサイトではケールについて様々な情報を紹介して行きます。